公認会計士奥村佳史事務所
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目18番12号
お問い合わせ:メールフォームへここをクリック

法人税がよ〜くわかるサイト[日本全国対応]
INDEX

法人税にお悩みでいらっしゃいませんか?

法人税にお悩みではございませんか?
会社が納める税金は色々ありますが、その中で最も金額の大きい税金は法人税ではないでしょうか。
とりわけ多いご相談は、法人税を納めるための資金がないので、なんとか資金調達する方法を考えて欲しいというご要望です。
そして、残りのご相談は、節税をしたいので、合法的で効果的な方法をアドバイスして欲しいというご要望です。
このサイトをご覧になっているあなた様も、いずれかの問題意識をお持ちでいらっしゃいませんか?

 ご相談はこちらからどうぞ

法人税を納めるための資金を用意することは難しいですか?

法人税は会社の利益にかかる税金です。
そのため、売掛金や在庫が膨らんでいることなどが原因で、決算書の上でだけ会社の利益がたくさん計上された場合にも、多額の納税が必要となります。
しかし、会社には納税のための資金は残っていないのが実情です。もし、あなた様の会社が根本的な解決を希望される場合は、少し時間をかけて、こういう具体的な解決策(クリックすると、ページを移動します)をとってください。でも、とりあえずの解決を希望される方も大勢いらっしゃることでしょう。
そのような場合どうすれば納税資金を用意できるのでしょうか?
納税資金を銀行から借りるのは難しいとおっしゃるお客様は大勢いらっしゃいますが、実際には少し工夫するだけで、資金調達は簡単に実現できます。
法人税で頭を悩ませる会社様は、決算書に現れる営業成績は良好ですので、金融機関も喜んで貸してくれます。
最も簡単な方法は、政府系金融機関のひとつ、日本政策金融公庫からの借り入れです。
日本政策金融公庫といえども、融資には審査がありますので、誰でも借りられるというわけではありません。しかし、融資審査は他の金融機関とは比較にならないほど簡単です。
お金を借りることが難しいなとお感じでしたら、是非一度、日本政策金融公庫にご相談下さい。
そして、日本政策金融公庫からの借り入れについても、書類作成などが難しいとお感じでしたら、私どもの事務所にご相談下さい。いつでも丁寧にご対応させていただきます。

 ご相談はこちらからどうぞ

法人税を少なくする努力が何より大切です

納税資金を用意することも大切なことですが、できれば法人税の額を少なくしたいですね。
資金繰りに無理が生じない範囲でこれらを活用することは非常に有効です
役員報酬金額の上手な設定や、関係会社間取引の利用で法人税額を抑え込むことは十分可能です。
法人税を納めるのがもったいないなとお感じでしたら、私どもの事務所にご相談下さい。いつでも丁寧にご対応させていただきます。

税務調査で指摘を受けないための対策も大切ですね

税務調査ほど煩わしいものはないとお感じになりませんか?
ただでさえ忙しい中、税務調査を受け入れることは大きな負担です。
その上、資料が揃っていない場合などには、反面調査と称して税務署職員がお得意先様にまで乗り込んでいくことがあり、営業面にも大きなダメージがあります。
税務調査をできるだけ受けない申告と、税務調査に入られた場合にもすんなり調査を終らせる準備が日ごろから欠かせませんね。
私どもの事務所では、税務調査で困らない経理業務をお手伝いさせていただいております。お気軽にご相談ください。

税務署の言い分に納得できない場合の対処法?

税務調査で税務署から受ける指摘の中には、会社として納得できないものも数多くあります。
税法の解釈に疑問の残るケースもありますし、調査官が会社の実態を正しく把握できていないケースもあります。
このような場合、あなた様の会社では、どう対応されますか?
税務署と交渉して、すんなり主張が通ればいいのですが、穏やかにことが運ぶ幸運なケースばかりではありませんね。
そんな時、あなた様の会社の税理士先生は、税務署とじっくり時間をかけて交渉してくれていますか?
税務署との交渉は、税理士の実力が如実に反映されます。
税理士先生には、会社の主張を正しく税務署に説明してもらいたいものですね
また、修正申告にすんなり応じるだけでなく、更正処分を求めて税務署には公平な判断を求めて欲しいものですね。
税務署との交渉にしっかり臨みたい場合には、是非私どもの事務所にご相談ください。
納得いくまで、とことん会社様のご意向を主張いたします。

『最新法人税がよーくわかる本』


『最新法人税がよ〜くわかる本 第6版』
著者:奥村佳史 刊行:秀和システム 定価:683円
日本一読みやすい法人税の入門書です。
会社のための税金実務を徹底解説しています。
我が国における法人税の第一人者、奥村佳史の最新刊です。
紀伊国屋書店、ジュンク堂書店をはじめ全国の書店で大好評発売中。

[Home]
ご挨拶
業務案内
出版物
ご連絡
相互リンク
利用規約
法人税って、どんな税金?
法人税は会社の利益にかかる
法人税は国税のひとつ
法人税の納税義務者
法人税の税額計算
所得金額の計算方法
同族会社の取り扱い
税額控除の仕組み
益金の基本
売上高の計上時期
特殊な販売形態
受取配当金は益金不算入
損金の基本
損金を計上するタイミングは遅い?
債務確定主義と発生主義
損金経理とは
売上原価と棚卸資産
減価償却資産の取り扱い
圧縮記帳の仕組み
繰延資産
役員報酬・役員賞与・役員退職金
交際費
使途秘匿金
寄附金
租税公課
貸倒損失と貸倒引当金
いろいろな引当金
短期前払費用
有価証券の取り扱い
法人税の申告と納税
欠損金の繰越と繰戻
法人税の申告書
法人住民税の申告書
確定申告と中間申告
修正申告と更正
ペナルティーとしての附帯税
公認会計士奥村佳史事務所
日常の記帳業務
日々の記帳業務
現金・預金の取扱い
売掛債権管理について知っておこう
受取手形管理について知っておこう
買掛債務管理について知っておこう
支払手形管理について知っておこう
在庫管理について知っておこう
経費管理について知っておこう
固定資産管理について知っておこう
有価証券管理について知っておこう
貸付金管理について知っておこう
資金繰りと借入金管理について知っておこう
月次業務管理について知っておこう
決算
税務申告のスケジュール
商法上のスケジュール
決算の方針を決める
売上高と売掛金を確定する
買掛金・未払金を計上する
在庫を評価する(売上原価)
有価証券を評価する
固定資産の減価償却と減損会計
いろいろな引当金
諸勘定の整理をする
税金の申告をする(法人税等・消費税)
報告資料を作成する

Copyright (C) 2006 奥村佳史. All Rights Reserved国民生活金融公庫 消費税 札幌証券取引所

税理士奥村佳史事務所の許可なく本サイトの一部あるいは全文のコピーならびに転用を禁じます。